デリケートゾーン黒ずみケアに黒ずみの原因と解消を考える

ビキニラインの黒ずみの原因とは?

お風呂で身体を洗っていて、ふとビキニラインの黒ずみが気になった経験のある人は多いのではないでしょうか。日頃は人の目に触れる場所ではありませんが、やはり美しく保ちたい部分ではありますよね。しかしそれを解消しようにも、まず原因を知っておかなければまた何度でも黒ずみは生まれてしまうでしょう。そこで今回はそんなビキニラインに表れる、黒ずみの原因について触れていきます。
まず黒ずみの正体がメラニン色素であることを知っておいてください。メラニン色素は紫外線によるシミの原因にもなりますが、普段その紫外線が当たらないビキニラインにまで影響があるのには理由があります。実はメラニン色素は、摩擦による刺激でも活発になってしまうのです。
ビキニラインは、下着の摩擦や股関節を動かした際の摩擦などで絶えず刺激を受けています。特に下着はちょうど布の端とビキニラインが一致しますので、ちょっとした動作でも無意識の内に擦れているわけです。このようなことが重なればメラニン色素も働きを強め、黒ずみを生み出していってしまいます。
刺激を少しでも減らすためには、まず下着の工夫から始めてみましょう。たとえば寝ている間は、トランクスタイプのゆったりとした下着にするのがおすすめです。あとは太ももを上げる動作を減らすのも効果的でしょう。ちょっとした心がけから変えていけますので、気になる人は今日からでもやっていってくださいね。

ビキニラインの黒ずみを解消する方法とは?

ビキニラインは黒ずみが生じやすく、美白ケア製品などを使用している方は多いのではないでしょうか。ビキニラインが黒ずんでしまう原因は、下着などによる圧迫と摩擦ダメージといわれています。皮膚は摩擦に弱いため、ちょうど下着のラインが当たる部分が、黒ずんだ色になってしまうのです。
皮膚は摩擦などの刺激を受けると、自分自身を守るために、角質を厚くしたり、メラニン色素の生成を活発化します。これがビキニラインの黒ずみの原因であり、解消するためには肌のターンオーバーを促すことが有効です。
肌は本来、一定の周期で生まれ変わっており、古い角質は自然と排出されるようになっています。しかし、繰り返し摩擦されることで、メラニン色素が生成され続けて、定着してしまうのです。黒ずみ解消のためには、まず肌当たりがよく、サイズの合った下着を選ぶことが重要といえます。また、保湿クリームなどでケアを行いながら、ダメージを軽減していくことも大切です。
沈着してしまったメラニン色素はなかなかなくなりませんから、専用のケア用品などを使用するのもよいでしょう。ビキニラインの黒ずみケアに特化したスキンケア製品などを、使用するのが効果的でしょう。